思うこと。

数年ぶりにこの文章を書き改めています。 

2012年に新築でオープンしたシェアハウス「しかくい空」。 

2012年オープン当初と2023年現在とでは、ずいぶん変わったことが、たくさんあります。


シェアハウスというものの在り方の変化、コロナ前と後での価値観の変化、スマートフォンとの距離感の変化。 

進化したのか退化したのか。 


たった10年遡れば、スマホを置いて、目の前にいる人たちと、お茶をのみながら、なんでもないことを話す時間なんて、あたりまえの普通のことでした。

あたりまえのことだと思っていたはずの、普通のコミュニケーションをとることさえ、むずかしく感じることが増えてきて、同時に、それはとても貴重で価値のあることだったんだと氣がつきました。


ゆめプロ株式会社は、昔もこれからも、昔ながらの人間味のあるコミュニケーションを大切にしています。 

お茶を飲みながら、いまここにいる人たちと、ただ関わる時間。 

そういう時間が、これからますます特別で大切なものになっていくような氣がしています。

           【ゆめプロブログ】

 

       シェアハウスゆめプロブログ 

 

--------------------------------------

          


【入居したらできること】

     

◆1ヶ月に1度よもぎ蒸し40分無料


◆酵素玄米お茶碗1杯50円


◆畑で野菜をつくる


◆生ごみをコンポストにいれる

 

◆つくった野菜を食べる

 

◆ほんもののコミュニケーション

 

                   ---------------------------------


 1階にオーナー夫婦住んでいます